記事一覧

第6連合会 金兩基博士、研究書籍を鮮文大学に寄贈

書籍

金兩基博士が朝鮮通信使に関する研究書籍を含む1,000冊(段ボール60箱分)を鮮文大学に寄贈しました。

11月4日、同大学を訪問した東静岡支部高岡純雄事務局長は進捗状況の確認共に関係者と交流を持ちました。

高岡純雄事務局長

また、韓国側の朝鮮通信使世界記録遺産を進めている釜山文化財団と交流を持つ具智賢教授を訪ね、日本での金教授との交流や寄贈の経緯に触れながら、鮮文大学での朝鮮通信使シンポジウムの提案を行いました。具智賢教授と共に


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...