記事一覧

第6連合会 金兩基博士、研究書籍を鮮文大学に寄贈

書籍

金兩基博士が朝鮮通信使に関する研究書籍を含む1,000冊(段ボール60箱分)を鮮文大学に寄贈しました。

11月4日、同大学を訪問した東静岡支部高岡純雄事務局長は進捗状況の確認共に関係者と交流を持ちました。

高岡純雄事務局長

また、韓国側の朝鮮通信使世界記録遺産を進めている釜山文化財団と交流を持つ具智賢教授を訪ね、日本での金教授との交流や寄贈の経緯に触れながら、鮮文大学での朝鮮通信使シンポジウムの提案を行いました。具智賢教授と共に


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。