記事一覧

第6連合会 金兩基博士、研究書籍を鮮文大学に寄贈

書籍

金兩基博士が朝鮮通信使に関する研究書籍を含む1,000冊(段ボール60箱分)を鮮文大学に寄贈しました。

11月4日、同大学を訪問した東静岡支部高岡純雄事務局長は進捗状況の確認共に関係者と交流を持ちました。

高岡純雄事務局長

また、韓国側の朝鮮通信使世界記録遺産を進めている釜山文化財団と交流を持つ具智賢教授を訪ね、日本での金教授との交流や寄贈の経緯に触れながら、鮮文大学での朝鮮通信使シンポジウムの提案を行いました。具智賢教授と共に

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  2. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  3. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  4. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  5. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...