記事一覧

第6連合 大磯高来神社 歴史探訪

高来神社

 高麗人が朝鮮半島から逃れた際、神奈川県平塚市・大磯町あたりに定住し、寺院を建立したと考えられている高麗山。標高が168mで自然豊かなハイキングコースに恵まれており、この山の南側麓に「高来(たかく)神社」があります。元は高麗寺という神仏習合の寺院でしたが、明治時代に神仏分離令で寺は廃され高麗神社とし、明治30年に高来神社となりました。
 第6連合は日韓国交正常化50周年を記念し、4月2日「高麗神社 歴史探訪」を行い、会員ら23 人が参加しました。当日は天に祝福されたように晴天に恵まれ、美しい満開の桜と歴史の勉強、美味しい食べ物で参加者の心を南北統一を強く願う心で一つになりました。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  2. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  3. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  4. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  5. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...