記事一覧

第4連合・第5連合 松代大本営を見学


第4連合松代大本営

 太平洋戦争末期に日本の中枢機関を首都圏から地方に移す計画の下に建設された巨大な地下壕、松代大本営。この場所を第4連合群馬・長野、第5連合東京・山梨が4月25日の同日、それぞれ歴史探訪を行いました。
 この地下壕は長野県埴科郡松代町(現長野市松代地区)などの山中に掘られ、現在、象山地下壕が一般公開されています。長野市のホームページによれば、「この建設には労働者として多くの朝鮮や日本の人々が強制的に動員された」と言われています。
 参加した会員らは、歴史の重みと犠牲者の魂を慰める祈りを捧げ、平和な世界を築く決意を改めました。

第5連合 松代大本営

松代大本営を見学


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  2. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...
  3. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  4. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  5. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...