記事一覧

第4連合・第5連合 松代大本営を見学


第4連合松代大本営

 太平洋戦争末期に日本の中枢機関を首都圏から地方に移す計画の下に建設された巨大な地下壕、松代大本営。この場所を第4連合群馬・長野、第5連合東京・山梨が4月25日の同日、それぞれ歴史探訪を行いました。
 この地下壕は長野県埴科郡松代町(現長野市松代地区)などの山中に掘られ、現在、象山地下壕が一般公開されています。長野市のホームページによれば、「この建設には労働者として多くの朝鮮や日本の人々が強制的に動員された」と言われています。
 参加した会員らは、歴史の重みと犠牲者の魂を慰める祈りを捧げ、平和な世界を築く決意を改めました。

第5連合 松代大本営

松代大本営を見学


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  2. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  3. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  4. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  5. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...