記事一覧

第1連合 北の国から鶴だより(北海道阿寒郡鶴居村)


鶴遠景

鶴撮影チーム

 韓国の鶴の撮影チームを案内するために、第1連合の鄭會哲事務局長や金元彬元中央本部事務総長らが北海道阿寒郡鶴居村を訪れました。2015年3月20日現在、鶴見台には233羽。鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリには62羽のタンチョウが来ています。

鄭事務局長と渡辺さん

 写真右の渡辺トメさんが45年前にシベリアから飛来した1匹の鶴に餌を与え続け、1匹が2匹に、そして数10羽から数100羽まで増えたそうです。この地域は以前、舌辛村と呼ばれていましたが、天然記念物タンチョウの生息繁殖地帯に因み、昭和12年に鶴居村となり、多くの観光客が訪れる名所となりました。
 鄭事務局長は、「渡辺さんのように一人一人会員拡大していきたい。すぐにその日が来ると信じています」と語りました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。