記事一覧

第1連合 「韓国千年の音色」を楽しむ

日韓国交正常化50 周年および釜山広域市と北海道との交流趣意書調印10 周年を記念して「韓国千年の音色」と題した釜山市立国楽絃楽団による韓国伝統音楽のステージが5月20 日札幌市民ホールにて開催され、第1連合の鄭會喆事務局長、第1連合の会員らが観劇いたしました。
このイベントは大韓民国外交部・駐札幌大韓民国総領事館による主催、北海道、札幌市、在日本大韓民国民団北海道地方本部による後援で行われ、韓国伝統音楽・舞踊・創作音楽の公演が行われました。
参加した方は、「国は違っても、みんなの心がひとつになれる」とし、「素晴らしかった。やっぱり音楽っていいな」など、喜びの感想がありました。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  4. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  5. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...