記事一覧

岡山県本部 結成10周年記念大会


李玉姫会長

去10月16日、平和統一聯合岡山県本部結成10周年記念大会が岡山市内で盛大に開催されました。大会には、岡山の在日同胞、韓国婦人や日本人のみならず、日韓トンネル建設を推進する県会議員、市議会議員等の来賓が多数参加しました。又、神戸や鳥取からも参加者があり、文化講演などもあり華やかな大会となりました。

10年にわたる功績をたたえて、感謝状を授与

李玉姫会長の代表挨拶の後に、平和統一聯合中央本部を代表して大塚克己会長が岡山県本部の10年にわたる功績をたたえて、感謝状を授与しました。又、長年に渡り岡山で在日を代表して韓半島の平和統一や日韓親善に功績のある李玉姫会長にも感謝状を送り、その労をねぎらいました。

本質的な解決の道を訴える大塚会長

記念講演で大塚中央本部会長は「韓民族や在日の苦難と試練を、より高次元に理解し消化しない限り、本質的な解決の道を見つけることはできないと」と語りました。更に「多くの先人たちが、それを理解しようとしてきたが、平和統一聯合の創設者である文鮮明総裁のみが、明確に韓民族の背後にある神様の御旨を解明してくださった」と語られました。そのような背後の御旨をすることが本質的日韓友好を実現する道であると」と講演を締めくくりました。

 

曺永姫さんによる韓国舞踊

日本の少年二人が韓国の太鼓の踊りを公演

乙倉俊さんによる日本の伝統和太鼓の公演と韓国舞踊の長鼓の合同演奏

韓国婦人達による「統一の歌」

 

講演の後には曺永姫さんによる韓国舞踊が会場に大きな感動を与えました。優雅で何か神秘的な韓国舞踊は、会場の人びとの心をしっかり捉えたようです。更に、日本の少年少女の二人が韓国の太鼓の踊りを公演し、大きな拍手を受けていました。そして、最も盛り上がった乙倉俊さんによる日本の伝統和太鼓の公演と韓国舞踊の長鼓の合同演奏は、新しい日韓の交流と友好推進を実感させるものでありました。最後に韓国婦人達による「統一の歌」を参加者一同で歌って、会は幕を下ろしました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...