記事一覧

対馬を訪問 12連合会


【対馬】12連合会は8月22日、中央本部の金源植事務総長を迎えて日韓海底トンネルの経由地である対馬を訪問した。
対馬の景観
対馬の景観
今回歴史探訪には第12連合会鄭憲宇事務局長が同行した。
2人で
 午前中には日韓海底トンネル公館を訪問し、午後には事務室を兼ねた倉庫を視察した。
 現在は工事が中止となった状態だが、地質調査を含めた歴史的資料はそのままよく保管されていた。
 韓日両国間の過去の悲しみの歴史を清算して、アジア共同体、そして世界平和の出発点になるためには必ず韓日海底トンネルが成事にならなければならないという創始者(文鮮明総裁)の信念のように、2012年までは必ず工事を再開しなければならないと決意した。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。