記事一覧

対馬を訪問 12連合会

【対馬】12連合会は8月22日、中央本部の金源植事務総長を迎えて日韓海底トンネルの経由地である対馬を訪問した。
対馬の景観
対馬の景観
今回歴史探訪には第12連合会鄭憲宇事務局長が同行した。
2人で
 午前中には日韓海底トンネル公館を訪問し、午後には事務室を兼ねた倉庫を視察した。
 現在は工事が中止となった状態だが、地質調査を含めた歴史的資料はそのままよく保管されていた。
 韓日両国間の過去の悲しみの歴史を清算して、アジア共同体、そして世界平和の出発点になるためには必ず韓日海底トンネルが成事にならなければならないという創始者(文鮮明総裁)の信念のように、2012年までは必ず工事を再開しなければならないと決意した。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  2. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  3. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  4. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  5. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...