記事一覧

南碩煥先生追悼論文集「プロフィール1」


學山南碩煥先生追悼論文集1

大切なご縁と私の人生

Ⅰ.略歴

學山 南碩煥 先生 生没年

1933.06.25~2015.12.20

1.プロフィール

氏名:南碩煥

住所:愛知県瀬戸市西吉田29-20

家族:妻 南弘子,1男5女

1933年6月25日   大韓民国慶尚北道青松郡県東面月梅里にて出生

(父 南在植(月逢),母 趙鳳岐,日本国愛知県瀬戸市に移住)

1934年10月        1歳の時に母にともなわれて父のいる瀬戸に移住

道泉小学校 卒業

1951年3月          愛知県瀬戸高等学校 卒業

1951年4月          国立名古屋大学理学部物理学科 入学

1954年                瀬戸市滝の湯町に「瀬戸南塾」を設立(小・中・高)

大学時代に家計に負担をかけずに、学資金を稼ぐために始め
たものであるが、評判がよく愛知県で有名な学習塾となる。

1955年 3月         国立名古屋大学理学部物理学科 卒業

塾長(代表) 1955年4月~1964年4月(9年間)

会長 1965年4月~1991年4月(26年間)

理事長 1991年4月~2006年2月(15年間)

顧問 2006年3月~2013年7月(7年間)

1964年                瀬戸市東吉田町に移転

1980年4月          新たに設立した「瀬戸・尾張旭日韓親善協会」の発展に尽力

1980年6月          民団瀬戸支部国際課長に就任

韓国人としての矜持をもって日韓親善交流に尽力

2010年               長男 南圭一に塾長を移譲

その間に塾で学んだ学生は1万名以上に達し、国会議員、市
長、医師、弁護士、教授など各地で活躍する人材を輩出した。

2010年3月         生涯をかけて蒐集した世界の古代遺物200余点を慶州市佛國
寺博物館に寄贈

2013年5月         同様に蒐集した図書12,000冊と仏教文化資料約10万点を慶
州市佛國寺博物館寄贈

2015年12月20日 逝去

【家族:1男5女】

長男 南圭一(みなみ けいいち)・(妻)みち代

(子)慎太郎(しんたろう)

長女 立浦真奈美(たてうろ まなみ)

(子)彰徳(あきのり)・(妻)奈津(なつ)

(子)大策(だいさく)

(女)志津佳(しずか)

次女 多佳代(たかよ)・(夫)松原俊文(まつばら とじふみ)

(子)稔樹(としき)

三女 佳奈子(かなこ)・(夫)水野有功(みずの いさお)

(女)加恵(かえ)

(女)史麻(しま)

四女 稲子(いねこ)・(夫)金田久光(かねだ ひさみつ)

(子)晴貴(はるき)

五女 亜紀(あき)・(夫)湯浅正樹(ゆあさ まさき)

(女)こころ

(子)龍乃介(りゅうのすけ)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  2. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  3. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  4. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  5. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...