記事一覧

南愛知「人物史で学ぶコリアンの歴史」


 2010年1月16日、南愛知支部は東海市商工センター中会議室にて「南愛知ピースキングコリアの集い(朝鮮と日本の歴史文化講座」)」を開催。金宗鎮先生を講師に迎え、3回シリーズで「人物史で学ぶコリアンの歴史」を学んでいる。参加者は在日コリアン、ニューカマーを含め総勢28人。
金宗鎮先生
 講師は「時調に見る李朝の人物、その思想と心と歴史的背景」をテーマとして李王朝成立の歴史的背景を詳しく語り、李芳遠(後の第3代太宗)と鄭夢周との李王朝建設に対する両人の「詩」を通じてのやりとりを紹介した。腐敗した高麗王朝から李王朝へ進んでいく時代に、鄭夢周はあくまでも二君に仕えずとして忠義を守り通す心情を「丹心歌」にあらわしたという。他に世宗大王の「訓民正音」創製にまつわる話と側近たちの「詩」、李退渓の「詩」など盛り沢山でかつ深い内容が短い時間で語られた。
 講座が終わってから、「おしるこ」と「キムチ」が振舞われ、参加者は舌鼓を打った。次回は「李舜臣将軍」「松雲大師」「名医許浚」を中心とした講座予定。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  2. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  3. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...
  4. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  5. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...