記事一覧

具末謨 自叙伝 「離散アリラン」


日本語離散アリラン

 在日同胞それぞれには数千数万の事情があり、それらが全て貴重な歴史の証言であり資料であります。本書は、平和統一聯合初代会長を務め、現在全羅南道道民会会長である具末謨氏の自叙伝です。韓国での出版のみであった本書が、満を持して日本語に翻訳され出版されました。分断された南北両国に家族を置く具氏は、かつて北朝鮮に訪問した事がスパイ罪に問われ、9年9ヶ月の獄中生活も経験しました。
 しかし昨年、刑事再審裁判で韓国政府から無罪判決を勝ち取り、今は民事裁判を闘っています。波乱万丈の人生は時代に翻弄されながらも、確固とした祖国統一への熱情を読み取ることができ、北朝鮮からの手紙もグローバル的な活動も貴重な資料となるでしょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。