記事一覧

具末謨 自叙伝 「離散アリラン」


日本語離散アリラン

 在日同胞それぞれには数千数万の事情があり、それらが全て貴重な歴史の証言であり資料であります。本書は、平和統一聯合初代会長を務め、現在全羅南道道民会会長である具末謨氏の自叙伝です。韓国での出版のみであった本書が、満を持して日本語に翻訳され出版されました。分断された南北両国に家族を置く具氏は、かつて北朝鮮に訪問した事がスパイ罪に問われ、9年9ヶ月の獄中生活も経験しました。
 しかし昨年、刑事再審裁判で韓国政府から無罪判決を勝ち取り、今は民事裁判を闘っています。波乱万丈の人生は時代に翻弄されながらも、確固とした祖国統一への熱情を読み取ることができ、北朝鮮からの手紙もグローバル的な活動も貴重な資料となるでしょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  2. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  3. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...
  4. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  5. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...