記事一覧

共通する内容でなければ統一できない  在日同胞統一原理教育開く

全体で記念撮影
<全体で記念撮影>
講義風景
<講義風景>
 4月21日から24日、静岡県熱海市のホテルで、平和統一聯合の会員や新規ゲストを含め、全国各地から約40名が参加し、平和統一聯合創設者、文鮮明総裁の思想と生き様、そして韓半島・朝鮮半島の統一問題を学ぶ、セミナーが開催され、目前の太平洋の素晴らしい景観と温泉、豊かな海の幸、そして多岐にわたる学習内容を通じ、心身共に満たされるセミナーとなった。
 
 開会式では、鄭時東・平和統一聯合中央本部会長による挨拶、連合会事務局長らによる挨拶があり、その後、日韓2000年の歴史を学ぶ映像を視聴した。翌日から周藤健講師による文総裁の根本的な思想分野を学び、途中、鄭喜久子・平和統一聯合中央本部副会長と、3月に新たに就任された徳野英治・平和統一聯合中央本部常任顧問からの講和を学んだ。その中で恩讐の日韓関係を文鮮明総裁はどのように克服し、またどのように日本を愛され、教育を受けた女性たちの現在の様子などを紹介した。最終日の周藤講師の講義では、全体の思想を学んだ土台で、今後、統一のために必要な内容について、民団系・朝総連系が共通して望むものでなければ、統一はできない内容を熱く語られた。また、宋龍天・平和統一聯合諮問会議議長による特別講和が設けられ、世界各国での統一運動や国家元首の反応などを紹介し、会員らが一つになっていくならば、在日同胞の願いである南北統一が必ずなされる事を強調された。
修了証授与
<代表3人に修了証授与>
 閉会式では、鄭時東会長から参加者の代表3名に対して修了証が授与され、宋龍天議長から祝祷を受け、幕を閉じた。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  2. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  3. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  4. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  5. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...