記事一覧

中央本部・第5連合 高麗郡建郡1300年 高麗神社歴史探訪

高麗神社

高麗神社宮司のお話

 668年に高句麗が滅亡し、その混乱の中多くの「高麗人」が日本に渡来し、716年に関東一円の高麗人1799名が現在の埼玉県日高市、飯能市あたりに集められ、「高麗郡」が設置されました。高麗人たちは当時の最先端技術、製紙、養蚕の技術、製鉄などをもたらし、この地を開拓したと言います。そして2016年に高麗郡建郡1300年を迎え、日韓国交正常化50周年を迎える今年を記念して、中央本部及び東京連合会は4月2日「高麗神社 歴史探訪」を行い、24人が参加いたしました。暖かい日差しと爽やかな春風の中、高麗神社と聖天院の散策と高麗文康宮司による高麗神社の近代史のお話しを伺い、朝鮮楽器の短簫奏者による奉納演奏が行われました。そして一行を代表して大塚克己会長が、高麗神社の外拝殿の御造営のための寄進をいたしました。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  4. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  5. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...