記事一覧

中央本部 運営委員会で次期会長決定


中央本部役員らが2年間の任期を満了するにあたり、12月19日東京都の京王プラザホテル新宿にて運営委員会が開催され、大塚克己会長による開会の挨拶でスタートし、続いて司会の東方益光総務局長が議決権者全員の参加をもって運営委員会が成立する旨を報告しました。大塚克己会長が議長に就任した後、議案審議に入りました。
第1号議案では、任期満了に伴う中央本部役員改選について審議が行われ、次期会長として金榮翯氏(現・第3連合会会長)が承認されました。副会長以下の役員については後日発表となりました。第2号議案では、2015年の事業報告が行われました。会員拡大の面では入会589名、退会282名、307名増の結果となり、地方でよく行われた歴史探訪、第1回サムルノリハンマダン、Peace Road 2015 in Japan についての報告が担当者から行われ、承認されました。第3号議案では、2016年の活動予定が審議され、今年度の行われた主要事業の更なる発展にむけて方向性が打ち出され、承認を得ました。

 

中央本部 会長離就任式

運営委員会終了後、午後2時から新宿区・成約ビル1Fセミナールームにおいて「平和統一聯合中央本部会長離就任式が行われ、関係者ら約80名が参加しました。
式典は宋幸哲事務総長による司会で進められ、開会宣言の後、映像にて経過報告が行われました。その後、徳野英治常任顧問が激励辞で韓鶴子総裁のメッセージを伝え、金榮翯会長ご夫妻の写真に韓総裁がサインされたものが贈呈されました。
続いて大塚克己会長が離任の辞を述べ、会員一同を代表して姜京姫婦人会長から花束、韓昱洙副会長から感謝杯が贈呈されました。続いて、金会長から「残りの人生を平和統一に捧げたい」と就任の辞が述べられました。最後に李和明第5連合会事務局長による億万歳で閉会しました。

激励の辞を述べる徳野英治常任顧問

激励の辞を述べる徳野英治常任顧問

韓鶴子総裁のサイン入り写真と共に

韓鶴子総裁のサイン入り写真と共に

韓昱洙副会長から感謝杯が贈呈

韓昱洙副会長から感謝杯が贈呈

就任辞(金会長)

就任辞(金会長)


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...