記事一覧

まさかの友こそ真の友

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.2.22)

「まさかの友こそ真の友」

“まさかの友こそ真の友”とは逆境の時に支えてくれるのが真の友で、逆境になると離れて行ってしまう友は真の友ではない」という西洋の格言らしい。日本にも「敵に塩を送る」と言う言葉があるように、考えも付かなかった人や敵対する相手からの援助というものは本当にありがたいものである。そんな中でまさに世界中を敵に回して制裁を受けている国がある。年明けから水爆実験やミサイル打ち上げなどで注目を集めている北朝鮮である。

一般的な日本人が「世界で一番貧しい国」というイメージで定着しているその国が、最先端技術を要するロケット開発をし、しかもその衛星の周回軌道が確認されたこと自体が衝撃だったと思う。万一これが本当に世界に貢献する宇宙開発なら賞賛を受けるべき実験なのだろうが、ここまで世界から反発されて孤立してしまうのは何故だろう。果たしてこの国には「まさかの友」が現れるのだろうかと思ってしまう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。