記事一覧

【近畿】龍谷大学 李相哲先生から学ぶ


李相哲先生を囲む京都有識者時局懇談会(主催:日韓トンネル推進京都府民会議)が6月2日、京都市内のキャンパスプラザ京都にて開催され、会員関係者ら約60人が参加した。平和統一聯合からは4聯合の曺按壽事務局長をはじめとして北大阪の会員など7人が参加した。

李先生は「東アジアと韓半島情勢」と題して、国際情勢のなかで人権問題に悩み、イランに武器を売る北朝鮮やトランプ大統領の動きなど、メディアでは報道されていないような事も語られた。講演の後には30分間に及ぶ質疑応答の時間が持たれ、参加者の関心の高さが現れた。
 参加した女性は「今日の講演会を通じて、韓国と北朝鮮と日本とアメリカの関係、そして流れが良く理解でき、また日韓トンネルについても南北統一問題と繋がりがあるので、意識をもっと高めていきたい」と感想を述べた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.2.17

    数学と文学と善悪の問題について

      芸術と数学というものは、一方が感情の分野、そして、もう一方が数式という合理的な科学的な分野と...
  2. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  3. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  4. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  5. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。