記事一覧

【九州】平和統一とピースロード啓蒙、林会長「今年は韓国へも行こう!」

九州での啓蒙活動

南北首脳会談を受けて、韓半島(朝鮮半島)融和ムード、統一ムードが高まっているなかで、これまで応援してきたPEACE ROADが今年も開催されることとなり、九州の各地でPEACE ROADの啓蒙活動が活発に行われている。

4月16日熊本県阿蘇、4月29日長崎県諫早、5月7日に福岡、5月13日に長崎で大学教授の講師、文源澤事務局長らがその価値や意義について説明した。

九州の林吉植会長は、「南北統一ムードの雰囲気に酔いしれるのではなく、どのような姿勢でこの出来事を受け止め、立ち向かうべきか考えなければならない」と警鐘を鳴らした上で、「天が準備した南北統一プロセスでなければならない」と強調。そして「民団系・総連系の方々がPEACE ROADにおいて韓国で走らなければならない」と改めて訴えた。

文事務局長は「6月末までに九州全支部でのセミナーを通して、在日コリアン参加者の渉外、韓国でのピースロード参加、成功を目指す」と希望を述べた。

九州での啓蒙活動

九州での啓蒙活動

 

啓蒙活動の様子

PEACE ROADの意義を説明する講師

 


【큐슈】평화통일과 피스로드 계몽, 임회장”올해는 한국에도 가즈아!”

남북정상회담이 진행되어 한반도 융화 모드, 통일 모드가 높아지고 있는 가운데, 지금까지 응원해 온 PEACE ROAD가 올해도 개최된다. 이에 따라 큐슈 각지에서 PEACE ROAD 계몽 활동이 활발하게 진행되어 있다.

4월 16일 쿠마모토 아소, 4월 29일 나가사키 이사하야, 5월 7일 후쿠오카, 5월 13일에 나가사키에서 대학교 교수의 강사님, 문원택 사무국장님이 그 의의나 가치에 대해 설명하였다.

큐슈 임길식 회장님은 “남북통일 모드 분위기에 만족하는 것이 아니라, 어떤 자세로 이 상태를 이해하고 앞으로 살아야 할지” 경종을 울리고 “하늘이 준비한 남북통일 과정이어야 한다”고 강조했다. 그리고 “민간계, 총천련계 분들이 PEACE ROAD로 한국에 가서 같이 참석해야 한다”고 또다시 전달하였다.

문사무국장님은 “6월말까지 큐슈 전 지부에서 진행되는 세미나를 통해서 재일 KOREAN 참석자 섭외, 한국에서의 피스로드 참석, 성공을 목표로 한다”고 희망을 말했다.

 


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  2. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  3. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...
  4. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  5. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...