記事一覧

「統一の歌」エントリーNo.7


 

 

題名:「統一の歌」
1.
見上げた夜空に 赤く光る星
にじんで見えるは 誰かが見ているから
別れた心と 国のざわめきを
静めてくれる 時を繋ぐように
夜明け前が 一番暗いならば
約束の橋は もうすぐ見えるだろうか
あの山の向こうには 幾千の祈りがある
すべての思いを結んで 今一つになれ
2.
流した涙と 血の跡を見れば
抱いた願いは 同じ色をしている
大河の流れは すべてをのみこみ
歴史を束ねて 一つになってゆく
祖国の悲しみを 共に背負ってきた
今動き出す 平和の時の流れが
あの河の向こうには 幾千の祈りがある
すべての涙を運んで 今一つになれ
ラララ・・・
届け祈りよ この歌にのって
届け涙よ この歌にのって

【投票は「いいね」を押してください。】


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。